Ramana Arul

Ramana Arul

Ramana Arulとは「ラマナの恩寵」を意味します。

「恩寵」とは「始まりであり、中間であり、終わり」である。
「恩寵」とは「真我」である。
 by ラマナ マハルシ

「ラマナ アルール」は、ラマナ マハルシと彼の教えを愛する人々のために開かれたスペースです。
宗教法人ではなく「ラマナ マハルシの臨在や恩寵を求める個人」を対象にしています。

10月のカレンダーの言葉

「私ー私」が現れ、感じられるには、思考が止み、
理性が消えさらなければなりません。

感じることが主な要因であって、理性ではありません。

(石原 幸治 訳)

バックナンバーはこちら

お知らせ

瞑想スペース オープン 10月:土曜日(9時〜16時)

*建物工事中(8月〜12月)の為暫く水曜日はお休みします。
土曜日も時々騒音があることをご理解いただいてご利用お願い致します。

ライブラリスペース オープン

*建物工事中(8月〜12月)の為暫くお休みします。

*親睦会は暫くお休みします。

関連情報

ラマナ サットサンのお知らせ

【毎月第4土曜日 14:00〜】
会場:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-11-2-104
連絡先:佐藤宗一(Email:soicsa@gmail.com

アルナーチャラ便り『SILENCE』

ティルヴァンナーマライ在住の帰依者の編集、翻訳でアルナーチャラ便り
『SILENCE』が配信されています。配信希望の方は
ramanajapannews@gmail.com 迄お申込みください。

電子書籍版発売のお知らせ

「ラマナ・マハルシとの対話 第1巻・第2巻・第3巻」
詳細はナチュラルスピリットホームページでご確認ください。

ご利用にあたって

「瞑想スペース」と「ライブラリースペース」があります。

「瞑想スペース」はラマナアシュラムの各ホールのようにオープン時間内であれば、ご自由に出入り、各自で瞑想していただいて構いません。(瞑想指導者はおりません)

マハルシの臨在を中心にしていますので、個人のサットサンガや勉強会は行いません。

「ライブラリースペース」はラマナ マハルシの英文や日本文の書籍、DVD、音楽テープが置いてあります。

歓談も可能です。

ラマナ マハルシを愛する人たちの親睦の場所です。
*どの部屋もチャイムは鳴らさずにお入りください。

ホームページ「ラマナ マハルシの臨在」のRAMANA ARULをご参照ください。

オープン日時

・瞑想スペース:水曜日、土曜日(9時〜16時)

・ライブラリースペース:毎月第2土曜日(9時〜16時)
                                    親睦会(不定期 13時〜15時)
                                    *ラマナ マハルシを愛する方ならどなたでも参加できます。

参加費

・ドネーション(寄付)制

ドネーションのための箱が瞑想スペースに置いてあります。

アクセス
お問い合わせ

JR山手線、地下鉄東京メトロ 東西線、西武新宿線の「高田馬場」駅より徒歩5分

初めての方は、お問い合わせいただければ詳細をお知らせします。
お問い合わせはこちら