Ramana Arul

アルナーチャラ便り 2019年11月

魂の里帰りと女神さまの祭り

 人々がアルナーチャラにやって来ると、みんな幸福になり心の平安を得て、ここを離れたくないと言います。実に、ここは魂の安らぎの場所なのです。アルナーチャラは私たちの魂の源泉です。ですからここにやってきたら、もう、なにもすることなくただリラックスして魂を安ませることです。

 瞑想や「私は誰か」もここではお休みにして、のんびりしていれば自然と楽しくなります。私たちの本性が、源泉が幸福なのですからここに帰ってくることは実家に帰ってくるようなものです。魂の里帰りです。何も考えない、何もしない。修行というアイディアは捨てましょう。努力することを止めましょう。ゆっくりと足腰伸ばして休みましょう。来訪者にとっては、ここは天国です。ああ!幸わせ!!

 その幸せのさなかに女神ヨガアンビカ(ブロンズ像)がナヴァ―ラトリのお祭り、女神さまの祭りの主役として、母堂のサマーディーの祠から輿に担がれて出てこられ、9日間の9変化を演じるマンダパムに落ち着きます。女神は毎夜きらびやかなシルクサリーと宝石で飾られて、ある夜はクリシュナ、ある夜はミナクシ、ある夜はドゥルガーに変身して9日間が過ぎます。

 見る者の内側から引き出された美が女神に投影され、それぞれがそれを楽しむのです。ある人は真正面から、全体の調和ときらびやかさを楽しむ人もいれば、左斜めから、お顔の表情の何とも言えない微笑を楽しむ人もいます。銅像が微笑むというのは変な話です。ですからそれはその人自身の投影を見て楽しんでいるということです。

このようにして9夜は興奮と熱気の内に終わり、女神ヨガアンビカは神殿の中に戻られます。今年のお祭りは9月29日から始まり10月9日に終わりました。

ナヴァ:9、ラトリ:夜 サンスクリット語

(崎山綾子 シュンニャ記)